×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


このページは、初めてサーキットを走行される方向け
ワンポイントアドバイスです参考程度にご覧ください!

<その1> はじめてのサーキットデビュー


『とにかく好きなだけ走ってください。』


「うまい人が走っているから邪魔になる・・・」

「ぶつかってしまったら申し訳ない・・・」




そんなこと気にしないでください。
初めは誰しも通る道ですが上手い人は勝手に抜いていきますし、
ぶつかっても「すみません」で済む話です。

ここでは大したスピードは出ませんので
少々ぶつかった位でマシンが壊れることはそうそうないです。
(多分・・・w)

当サーキットは初心者大歓迎です。


<その2> 走行前に確認してみてください。

@周回方向を確認

誰もいないときは構いませんが他の方がいるときは正面衝突の恐れがあるので要確認です。!!

コース奥のネットに黄色い矢印があるので確認しましょう。

(分からないときは周りの人に聞いてください。)



Aまっすぐ走るか?

公園や駐車場で走行する場合は、マシンがまっすぐ走らなくても問題ないかもしれませんが
コースを走る場合は、操作がとても難しくなります。


コースの直線の壁沿いにゆっくり走ってみて右や左に寄って行かないように調整しましょう。
(調整の方法は取説や色々なサイトに書いてあるので参考にしてください。)



B右左で曲がり方が同じか?

これもAと同じで操作が難しくなりますので確認しましょう!


他の人の邪魔にならない場所で、ハンドルを全開できって
ゆっくり走ってみて左右で旋回半径が同じになるように調整しましょう。

(調整の方法は取説や色々なサイトに書いてあるので参考にしてください。)



このほかにも確認すべきことはありますがとりあえずはこんな感じでwww

 
<その3> 実際に走ってみる

走り方に決まりはありませんが上達への近道としてこんな練習方法もありますよ!


・コースの中央をトレースする

初めからタイム狙いのアウトインアウトやインベタ走行をするのではなく
下図のオレンジ線(コース中央)をなぞるように走行してみてください。

そうすることでクラッシュやマシンの破損を防げます。

初めはゆっくり走ってみて慣れてきたら少しずつ速度を上げていくと
短期間で上達できると思います。





・スロットルの握りすぎに注意

初めて走行される方にあるのが、
スロットルの握りすぎで曲がり切れずに壁に『ドンッ』というパターンが多いです。

この狭いコースでもよっぽど遅い車でない限り減速しないとカーブは曲がりきれません。
とにかくカーブではスロットルを緩めることを覚えましょう!


下図は走行イメージです、これを意識して走ってみてください。




・ここにはぶつけないこと

当サーキット名物の事故現場が下図の赤丸の個所です。www

ここにぶつけると高い確率で足回りのパーツが破損します。
(私もひどい時で1日5個以上「Cハブ」を破損しました…TεT)


とにかくここには近づかないのが得策です。(^^;

もしぶつかりそうになったらブレーキで止まるかハンドルをきって避けて下さい!!!
(できたら苦労しないんですがね・・・)



※どうしても初めのうちはぶつけてしまうので、
せめて足回りの予備パーツくらいは準備することをお勧めします。



■<その4> 他の人と走る
・無理に避けようとしない

これもよくあるパターンですが、速い人が後ろから来たからといって
無理に避けようとしなくて大丈夫です。!
速い人は上手ですので勝手に抜いてくれます。
とにかく焦らずご自分のペースで走られてください。

どうしても避けたい場合には下図の黄色い部分にマシンを止めると事故は避けられます。





・クラッシュしたら「とまってます」!

サーキット走行時のマナーでもありますが、
自分のマシンが「引っくり返ったり」「止まってしまった」ら


「止まってま〜す」とか「こけてま〜す」

って声をかけて事故を防ぎましょう!


・コースに入る際は周囲を確認!

ご自分のマシンを救出する際は周りの走行している車に注意してください。

人身事故が発生します。
(足に当たると結構痛いです^^;)



「はいりま〜す」


って叫ぶと、より安全です。

■<その他>
・遠慮なくご相談を

「分からないこと」、「知りたいこと」などがあれば周囲の人に聞いてみてください。
お力になれることがあるかもしれません。

(2階だてのプレハブの人達はラジコン詳しいと思います。)




※お子様連れの親御さんへ

怪我や事故防止のため、お子さんがコース内に入らないようにご注意ください。





以上です。

長々とお読みいただきありがとうございました。

それではNSライフをお楽しみください。!!!